柔術ドリルトレーニング

フェーズ1
一人で行う柔術の基本動作のドリルトレーニング。マット運動のようなイメージです。

フェーズ2
二人で行うドリルトレーニング。ここでは基本的にまだ相手は動かずに自分のカラダをコントロールします。またスピードを上げて行えば強度も上がります。

フェーズ3
対人でのドリルトレーニング。実際に技などを仕掛ける打ち込み。対人ですので同じ状況は二度となく毎回違った負荷が掛かり、相手を支配する楽しさもできます。

フェーズ4
シチュエーションを想定したドリルトレーニング。実際に相手に動いてもらい相手の動きに反応して行うトレーニングです。自分のペースではなく相手に動かされるので反射神経や心拍数を上げるカーディオトレーニング効果。また柔軟性の向上にも繋がります。

更新日:

Copyright© 岡崎市のワークアウト・現役女子格闘家指導の女性専用パーソナルトレーニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.